]

"若手セラピスト向け"内部障害のリスクリハビリテーションの提供&ヒントを与えます!!!

腎GYM

「離床」 一覧

現役、理学療法士5年目のyo-chanです!!

東京都東村山市出身。専門学校で理学療法士の「いろは」をまなび、現在は埼玉県の総合病院で内部障害を専門に勤務しています。

腎臓病患者は・・・・

●身体機能・ADL低下
「早期老化モデル」ともいわれ、腎臓病がある患者の身体機能は健常者に比べ”半分”になります。それに伴い、活動量が減り、ADLの低下が起こります。腎臓病だけで日常の生活が普通に遅れなくなり、QOL(生活の質)が減少してしまう恐ろしい病気です。

●若手セラピストの増加
年間PT.OT.ST合わせて約2万人のセラピストが誕生しています。腎臓病がセラピストを必要としている中、腎臓病に関する知識をつける場が少ないのが現状です。そんな若手セラピストのためのコンテンツ配信を目的にしています。

寝たきり高齢者に対する不顕性誤嚥の対策は?

2019/06/10   -呼吸, 離床, 高齢者

こういった患者には積極的に離床させてください! もちろんバイタルと呼吸状態に合わせてですが! 頸部がここまで伸展していると不顕性誤嚥の可能性が上がります⤴️ 車椅子になっているだけでも♿️十分予防効果 …

外科的侵襲後のリハビリでは可及的早期の経口摂取を促す必要がある!

2019/06/04   -離床

結果の先取り   タイトルの通り!外科的侵襲後のリハビリでは可及的早期の経口摂取を促す必要がある!そのためには早期離床・運動療法による腸管蠕動運動を誘発させる。   外科的侵襲と言っても消化器外科や整 …

長期臥床はなんで悪いのか? ~内部障害の影響から~

こんにちは。yo-chanです。 内部障害分野で仕事していると「長期臥床」というキーワードが良くとびかいます。 人間は寝ている約7-8時間以外すべて抗重力位で生活をしています。 そのため、長期臥床によ …

Copyright© 腎GYM , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.