]

"若手セラピスト向け"内部障害のリスクリハビリテーションの提供&ヒントを与えます!!!

腎GYM

「バイタル」 一覧

現役、理学療法士5年目のyo-chanです!!

東京都東村山市出身。専門学校で理学療法士の「いろは」をまなび、現在は埼玉県の総合病院で内部障害を専門に勤務しています。

腎臓病患者は・・・・

●身体機能・ADL低下
「早期老化モデル」ともいわれ、腎臓病がある患者の身体機能は健常者に比べ”半分”になります。それに伴い、活動量が減り、ADLの低下が起こります。腎臓病だけで日常の生活が普通に遅れなくなり、QOL(生活の質)が減少してしまう恐ろしい病気です。

●若手セラピストの増加
年間PT.OT.ST合わせて約2万人のセラピストが誕生しています。腎臓病がセラピストを必要としている中、腎臓病に関する知識をつける場が少ないのが現状です。そんな若手セラピストのためのコンテンツ配信を目的にしています。

尿量の変化から何を考えるか?

2018/10/21   -バイタル, 知識, 腎臓

こんにちは。yo-chanです。 カテコラミンリリースにおける変化として、 尿量の変化 もその一つです。 腎機能低下患者はICUなどの超急性期ではよく見られます。 また、高齢者は特に脱水に陥る場合が多 …

臨床中に起こる心拍数の変化が示す病態とは?

2018/10/20   -バイタル, 心臓, 知識

こんにちは。yo-chanです。 臨床中の現場で、いつもより心拍数が高かったリ、低かったりしますよね。 まだ今日のカルテには反映されていないタイムリーの変化な時もあります。 その時、看護師や医師に相談 …

不安など精神状態の変化で起こる血圧変動について

こんにちは。yo-chanです。 リハビリを実施している際のバイタル変動で何が起こっているのか考えるのってすごく難しいですよね。 そこまで知る必要あるの? って思うこともあるかと思います。 しかし、臨 …

Copyright© 腎GYM , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.