]

"若手セラピスト向け"内部障害のリスクリハビリテーションの提供&ヒントを与えます!!!

腎GYM

「知識」 一覧

現役リハ職との知識共有をしたい投稿です。

カテゴリ一覧

腎臓リハビリを知ると世界で「8億人」救える可能性がある話!

2020/01/13   -blog, 腎臓

腎臓リハビリの適用は世界で8億人もいる! 糖尿病ネットワーク記事 なんて言うと、ほんとかよ! と思う方もたくさんいるでしょう! だからはじめに言っておきますが腎臓病と診断された方だけが腎臓リハビリの適 …

急性期で医師から安静度の『制限なし』と言われたときに注意するべきとは?

2019/10/26   -バイタル

リハビリオーダーが出た患者にリハビリ介入する際には、医師に安静度を確認するのが私の病院では必須になっています。   これは働く病院・施設にもよるでしょうが、私が働くところ含め近隣はみな安静度を確認して …

検査しなくてもできる1秒量・1秒率をフィジカルアセスメント!

2019/07/12   -呼吸

呼吸器疾患患者に対する呼吸の評価って難しいですよね。   特に換気量に関してはスパイロメーターを使用しなけらば正確にとらえることはできません。   ですが、呼吸筋など頚部の評価で換気量を把握する評価を …

太りすぎも痩せすぎもよくない!高齢者のBMIから読み取れる予後とは?

結果の先どり   高齢者のBMIは一定に保つのがいい!生命予後が良くなる! 高齢者のBMIってどのくらいに保つのがいいかわかりませんよね。   高齢者のBMIの程度と生命予後を表した図です! BMIが …

高齢者のウォームアップ・クールダウンの重要性について

2019/06/18   -高齢者

結果の先取りウォームアップ・クールダウンを行わないと、痛みの閾値を下げ発痛物質の生産を誘発してしまう。   高齢者と廃用性筋委縮はどうやって起こるの? 高齢者は老化によって廃用性筋委縮やサルコペニアに …

寝たきり高齢者に対する不顕性誤嚥の対策は?

2019/06/10   -呼吸, 離床, 高齢者

こういった患者には積極的に離床させてください! もちろんバイタルと呼吸状態に合わせてですが! 頸部がここまで伸展していると不顕性誤嚥の可能性が上がります⤴️ 車椅子になっているだけでも♿️十分予防効果 …

高齢者が転倒したら「やばい」って話。骨折の確率は約10%。その先にある未来とは??

2019/06/09   -高齢者

高齢者が転倒すると「やばい」って話をします。   転倒に関する記事は何個か出していますが・・   【高齢者の転倒要因は?~何を改善させればいいんだろ?~】はこちら! 【フレイルにおける高齢者の転倒リス …

Copyright© 腎GYM , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.