]

"若手セラピスト向け"内部障害のリスクリハビリテーションの提供&ヒントを与えます!!!

腎GYM

「 投稿者アーカイブ:yo-chan 」 一覧

医師とのコミュニケーションは大切です!というお話!

2019/10/28   -他職種連携

yo-chan現役、理学療法士5年目のyo-chanです!! 東京都東村山市出身。専門学校で理学療法士の「いろは」をまなび、現在は埼玉県の総合病院で内部障害を専門に勤務しています。 腎臓病患者は・・・ …

急性期で医師から安静度の『制限なし』と言われたときに注意するべきとは?

2019/10/26   -バイタル

yo-chan現役、理学療法士5年目のyo-chanです!! 東京都東村山市出身。専門学校で理学療法士の「いろは」をまなび、現在は埼玉県の総合病院で内部障害を専門に勤務しています。 腎臓病患者は・・・ …

検査しなくてもできる1秒量・1秒率をフィジカルアセスメント!

2019/07/12   -呼吸

呼吸器疾患患者に対する呼吸の評価って難しいですよね。   特に換気量に関してはスパイロメーターを使用しなけらば正確にとらえることはできません。   ですが、呼吸筋など頚部の評価で換気量を把握する評価を …

太りすぎも痩せすぎもよくない!高齢者のBMIから読み取れる予後とは?

結果の先どり   高齢者のBMIは一定に保つのがいい!生命予後が良くなる! 高齢者のBMIってどのくらいに保つのがいいかわかりませんよね。   高齢者のBMIの程度と生命予後を表した図です! BMIが …

高齢者のウォームアップ・クールダウンの重要性について

2019/06/18   -高齢者

yo-chan現役、理学療法士5年目のyo-chanです!! 東京都東村山市出身。専門学校で理学療法士の「いろは」をまなび、現在は埼玉県の総合病院で内部障害を専門に勤務しています。 腎臓病患者は・・・ …

寝たきり高齢者に対する不顕性誤嚥の対策は?

2019/06/10   -呼吸, 離床, 高齢者

こういった患者には積極的に離床させてください! もちろんバイタルと呼吸状態に合わせてですが! 頸部がここまで伸展していると不顕性誤嚥の可能性が上がります⤴️ 車椅子になっているだけでも♿️十分予防効果 …

高齢者が転倒したら「やばい」って話。骨折の確率は約10%。その先にある未来とは??

2019/06/09   -高齢者

yo-chan現役、理学療法士5年目のyo-chanです!! 東京都東村山市出身。専門学校で理学療法士の「いろは」をまなび、現在は埼玉県の総合病院で内部障害を専門に勤務しています。 腎臓病患者は・・・ …

Copyright© 腎GYM , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.