]

"若手セラピスト向け"内部障害のリスクリハビリテーションの提供&ヒントを与えます!!!

腎GYM

blog book

「1分で話せ」大事なことだけをシンプルに伝える技術!

更新日:

仕事をしているといろんな人に声をかけられませんか?
声をかけられたときに大事なことだけどシンプルに伝えられない人っていうのはかなり損をしています。

プレゼンでも同じ!

資料はうまくできているのに伝える技術がないとかなり損をしますよね。

この記事は仕事を始めてまだ数年しか経っていない若手に向けて書いています。
また声をかけられたときにどうしても話が長くなってしまうような形に向けても参考になるよう書いています。
もともとプレゼンが得意だったりで人前で話すことが多い人には得られるものが少ないです。

今回はこちらの本を参考に

日常の仕事をする上で大事なことだけをシンプルに伝える方法についてお話しします。

この本はプレゼンをする方向けに作られた書籍ですが、若手の人たちはまだ人前でプレゼンすると言う事は少ないですよね。
なのでプレゼンをすると言う前提ではなく、日々の会話の中で大事なことだけをシンプルに伝える技術を僕なりに解説していきます。

 

90%の人は1分で話せないばかりに損をしている!

とあります!

きっとこの記事を見ている人は話せないと自覚している人でしょう。
何なら僕もそうです。

最近では人前で話すことが増えましたが、うまく話せているとは1回も思ったことがありません。

ただ私の講義を聞いた方が次に家でもやってくれと言う依頼が来るので平均よりかは話すのがうまい方です。

 

 

話が長い人は嫌われる

話が長い人ってと言う印象を相手に付けてしまったら嫌われます。

嫌われる。と言うのは少し言い過ぎかもしれませんが声をかけられなくなります。
なんでかって、皆さんがもし聞く側の立場だったら話が長い人に聞くと自分のやるべき仕事が遅れてしまうのであまり聞きたくないですよね。

そう考えたら自分も大事なことだけをシンプルに伝えられる技術があったほうがいいです。

言いたいことが伝わらない経験ありませんか?
言いたいことがあるのに全然シンプル伝えられなくて結局何が言いたいかわからない。
そう言われた事はありませんか?
僕はめちゃめちゃあります。

ただこれってなかなか改善できないんですよね。

その理由は自分ではシンプルに伝わってないことをに気づいてないから。
「君何言ってるか全然わからないね!」

そう言ってくれる人がいれば気づくかもしれませんが、最終的に結果が伝わればあんまり言われないですよね。
皆さんの中にもおそらく大事なことだけをシンプルに伝えることができていない人が多いのではないでしょうか?

例えば
理学療法士として人とよく話す内容といえば「患者の状態」「リハビリの進行状況」
などが多いのでは?

「患者の問題点は?」
と言う質問に対して皆さんはどう答えますか?

「この患者は〇〇で入院していて、もともと杖を使って歩行が実施されていた方です。下肢の筋力低下の問題点です。入院中臥床期間が10日ほどあって廃用症候群になっています。後は動くと苦しくなってしまって、、、」

「問題点は歩行困難です。その理由は廃用症候群、筋力低下、呼吸困難感です。」

どっちのほうが伝わると思いますか?

明らかに後者の方がシンプルに伝えられていますよね。

 

 

1分で伝える方法

言いたいことはわかるけど、そんな簡単に伝える技術が上がらない。

と思うかもしれませんが、そんなに難しいことではありません。

「テンプレート」を頭の中に設置しておいてそれに当て込むように話せばシンプルに伝えることができます。

そのテンプレートとは
主張(結果)=根拠×根拠×根拠

これです!
例えばさっきの
「問題点は歩行困難です。その理由は廃用症候群、筋力低下、呼吸困難感です。」

この例で言うと
〇主張(結果)は歩行困難
〇根拠は廃用症候群と筋力低下と呼吸困難感
と言う構図が出来上がります。

このように話すことでシンプルに相手に伝えることができます。

これだけでは相手に伝わらない。
他にも家屋の状況とか家族の状況とかいろいろあるじゃないか。

と思いますよね。

ただ人の会話って大体80%相手の頭に入っていないと言われています。
今回の場合でいえば
「患者の問題点は?」
と言う質問なのでこのような構図が出来上がります!

「患者の問題点は?」
と言う質問に対して家族の状況や家族の状況まで話すとほとんど頭に入って来ません。
気になる人はこっちが話した内容に対して質問を乗っけてくれます。

「元々どれくらい歩けてたの?」
「家族はいるの?」

このような質問がまた来たら先程のテンプレートに当てはめればいいだけです。

こうすればなんだかシンプルに物事が伝わりかつ時間をかけずに会話を終わらせることができますよね。
シンプルに伝えると言う事は難しいようでそこまで難しいわけではありません。
日ごろからシンプルに物事を伝えるようにしていればいざプレゼンと言う場面が来たときに上手なプレゼンができるようになるでしょう。
ぜひこのテンプレートに当てはめることを心がけてみてください。

参考にしたこちらの書籍は僕がお話しした以外に大事なことをシンプルに伝える方法がたくさん書いてありますので興味ある方はぜひ!!!

 

 

●電子書籍好評発売中!

●毎日10ツイート以上の情報発信中!

にほんブログ村 病気ブログ 理学療法士・作業療法士へ
にほんブログ村

理学療法ランキング

Follow me!

-blog, book

Copyright© 腎GYM , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。