]

"若手セラピスト向け"内部障害のリスクリハビリテーションの提供&ヒントを与えます!!!

腎GYM

book

腎臓リハビリテーションガイドラインの口コミや評判

投稿日:

医療の世界ではガイドラインはいくつも存在しますが、皆さんはガイドラインを読む事はありますか?

リハビリテーションの世界だけではなくて、医師や看護師いろんな職種でガイドラインが存在します。

腎臓リハビリテーションガイドライン [ 日本腎臓リハビリテーション学会 ]

価格:2,420円
(2019/12/4 12:59時点)
感想(0件)

●ガイドラインが必要な理由となりたち

ガイドラインと言うものは標準的な医療を提供する上で必要なものになります。

「ガイドラインの意味」コトバンク

例えば医者の世界では

「こういう疾患にこういう治療する」

といった標準的な治療が必要になるわけです。

標準的な治療項目が曖昧だと患者に、いざどうやって治療したらいいかわからない。何を参考にしたらいいかわかりません。
そういったことがないように作られたのがガイドラインです。

なのでリハビリにおいても

「こういう疾患にこういうリハビリは効果がある」といったように

標準的なリハビリ介入が出来るように基準を作ったのがガイドラインです。

有名どころで言うと運動器疾患や脳卒中のリハビリテーションガイドラインまたは心臓リハビリテーションガイドライン等があります。

ある程度リハビリの効果があるような疾患に対してガイドラインができる傾向にあります。
なので今回腎臓リハビリテーションガイドラインができたのは腎臓病患者にとってはすごく大きい進歩であると私は感じています。

 

 

 

●腎臓リハビリテーションガイドラインできた経緯

リハビリテーションガイドラインはある程度リハビリの効果が見られる疾患に対するガイドラインを作ります。

腎臓病に対するリハビリは近年では文献の数が徐々に増えてきて研究者も増えてきています。腎臓リハビリテーション学会においてガイドライン作成委員会が立ち上がりパブメドや医中誌を利用して多くの文献を集めリハビリの効果を検証してきました。

なのでガイドラインはかなりの文献数から証明された効果になるのです。そしてガイドラインが作られたということは、腎臓リハビリが日本人にとって今後必要になるということを示唆しています。

 

●腎臓リハビリテーションガイドラインの口コミや評判

腎臓リハビリに関わる全てのセラピストが待ってましたと言わんばかりに待ち望んでいたものではないでしょうか。口コミを調べてみたのですがかなり少ないまだ認知されていない様子・・・

ここで評判や口コミと言う言葉は少し違うかもしれません。

ガイドラインは腎臓リハビリの精鋭達が作ったリハビリの基礎となるものです。
今後増加する腎臓病透析患者に対するリハビリの基礎が持っています。
なので今後腎臓リハビリに関わるセラピストが増えてくればいわゆる評判や口コミがどんどん良い方向に向かっていくでしょう。

 

●腎臓へのリハビリテーションガイドラインの使い方

腎臓患者に関わったことのあるセラピストはその感情を頭に思い浮かべながらこのガイドラインを読んでみて下さい。
どのぐらいの負荷量を与えればどんな効果が期待できるのか?

主にそういった内容が書かれています。

またリスク管理を含めた注意点なども書かれています。腎臓病患者は心疾患を抱えている患者が多くリスクもたくさんあります。

なので気をつける点もたくさんあるので特に若手のセラピストは目を通しておいてもいいかもしれません。

価格は2000円台と安価で参考書1冊よりもかなり安い値段となっております。

腎臓リハビリテーションガイドラインだけでなくガイドラインが出ている分野に関わる場合は他のガイドラインも必ず目を通しておいてください。標準的なリハビリを頭に入れた上で発展的な知識をインプットする方法をお勧めします。

腎臓リハビリテーションガイドライン [ 日本腎臓リハビリテーション学会 ]

価格:2,420円
(2019/12/4 12:59時点)
感想(0件)

Follow me!

-book

Copyright© 腎GYM , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。