]

"若手セラピスト向け"内部障害のリスクリハビリテーションの提供&ヒントを与えます!!!

腎GYM

他職種連携

看護師とのコミュニケーションは大事なんです!という話。~1人では夢のまま~

投稿日:

看護師とのコミニケーションを取るのは非常に大事なことです。

なぜ看護さんとコミニケーションをとることが大事なのでしょうか?

皆さんは日常から看護師さんとお話ししながら臨床に取り組んでいますでしょうか?

 

私はすごく看護師さんと仲良い方だと自分で思っているんですけど!

リハビリをする上で病棟のADLは非常に大事です!

患者さんが病棟でどのように過ごしているか?

どのような日常を送っているか?

それは私たちにはわかりません!

 

基本的に病棟の過ごし方や病棟のADLは看護師さんが把握しているのです!

そのため、日常の生活を理解するという理由看護師さんとのコミニケーションを取るのは非常に大事だと私は思っています!

仲良くしていると得なことも他にもたくさんあります。

例えば自分が持っている患者さんが調子が悪くなってしまった時や何かイベント事が起こったとき、我々では気づかないことを看護師さんが分から教えてくれるなど!

 

自分は積極的にコミニケーションを取れる方ではないので

逆の立場からしたら仲の良くないリハビリセラピストにあまり声をかけようと思わないですよね(-_-;)

 

 

それと同じように看護師さんも仲の良いセラピストの方が声をかけやすいに決まっています!

 

 

なので普段から看護師さんと仲良くしておくことで向こうから思わぬところで情報いただけたりする場合もあると思います!

 

こういったことを考えると他職種とどれだけ関わりが強く持てるかで仕事の効率も大きく変わってくると思います!

看護師さんだけではなく医師も当然ですが薬剤師、栄養士、MSWなどともコミニケーションをしっかりとることで患者さんへのメリットもすごく大きく幅広がると思います!

 

コミュニケーションは仕事です!

 

セラピスト含め医療従事者は1人で仕事はできません。

なにか実現したいことがあれば他職種と連携、またはセラピスト同士で連携し合わなければなりません。

 

その点を理解しておくと積極的に話しかけられるかもしれませんね。

 

 

余談ですが飲み会ってすごく大事な理由がこれでわかると思います!

忘年会や新人歓迎会、ふとした飲み会に積極的に参加することで仕事の幅も大きく広がるのです!

若手であるのであればそういう飲み会は積極的に参加することをお勧めします!

 

何度も言いますが、他職種とコミニケーションを取り関わりを深く持つことで患者さんのためになることも多いからです!

Follow me!

-他職種連携

Copyright© 腎GYM , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。