]

"若手セラピスト向け"内部障害のリスクリハビリテーションの提供&ヒントを与えます!!!

腎GYM

知識 糖尿病

糖尿病に使用する薬の内容から、リハビリのリスクを考えよう!

更新日:

糖尿病はインスリン抵抗性が上昇することや、インスリン分泌をさせる疾患であり、様々な合併症を有すること有名な疾患になります。

 

糖尿病に対するリハビリテーションにおいて内服治療の理解は非常に重要な項目になりますが、若手セラピストは内服治療の理解が不足しているように思えます。

なぜ理解する必要があるのでしょうか?

それは、運動中に低血糖を起こすリスクがあるからです。

 

結果の先取り

糖尿病患者が内服している薬の内容によって、低血糖のリスクがあるものもあり、内服治療の理解が必要。

 

DPP-4阻害薬

インクレチンホルモン(GLP-1)

DPP-4阻害薬の理解には、「インクレチン」の理解が重要になってきます。
糖尿病患者のみならず、健常人においても、食後に小腸より「インクレチン」という物質が放出されます。


インクレチンは膵臓のランゲルハンス島β細胞に作用し、インスリン分泌の促進や血糖を上昇させるホルモンであるグルカゴンを低下させ、結果的に血糖を下降させる作用があります。

インクレチンの作用は半減期が1-2分であり、食後直後の作用し、作用が切れます。


DPP-4阻害薬はこの半減期をできるだけなくすように作られた薬になります。

 

結果、インクレチンの作用時間が上昇し、インスリンの促進とグルカゴンの低下を長く作用させることができ、血糖を通常より下降させることができます。

 

GLP-1

GLP-1はインクレチンホルモンのことを言います。これはGLP-1を薬として服用し、インクレチンの作用を利用して血糖を下降させる役割があります。

 

速効性インスリン分泌促進薬

ランゲルハンス島β細胞に働きかけ、インスリン分泌を促進します。この薬は名前の通り比較的早期から作用し始めることが特徴です。

吸収分解が早く、速効性に優れています。

低血糖のリスク管理

 

リハビリ中は、得に「低血糖」の症状には十分注意が必要になります。

 

・低血糖症状(50mg/dl未満)
発汗、不安、動悸、頻脈、手指振戦、顔面蒼白、頭痛、目のカスミ
、空腹感、生あくび

 

速効性インスリン分泌促進薬は「低血糖」のリスクが高いと言われます。

リハビリ中の低血糖を起こす可能性が高く、注意が必要です。

 

★DPP-4阻害薬とGLP-1は「低血糖」のリスクが低いと言われています。

これらの薬が使用されているときは安心・・・・・

ではないんです。

確かに、リスクは低いことに変わりはないですが、例外もあります

 

*SU剤を併用しているときは、低血糖のリスクが増加します。

 

本来DPP-4阻害薬やGLP-1は食後のインスリンを作用させるためにあるため、追加分泌を増加させています。

SU剤は常にインスリンを作用させる基礎分泌を増加させる薬です。

 

お分かりいただける通り、インスリン低下に作用するものを複数投与するとそれだけ血糖が下がりやすくなるため、「低血糖」になる確率も上がります。

特に基礎分泌を増加させるSU剤は常にインスリンの量を増加させる作用があり、食後のみの作用ではないため、そもそも「低血糖」のリスクが上がってしまいます。

 

 

このように、糖尿病治療の理解は必要になります。

積極的にリハビリを行いたいけど、低血糖のリスクがある患者には負荷をかけにくい・・・・

 

そんな悩みがあるセラピストも多いですが、「低血糖」になりやすいか?そうでないか?は治療事態を把握していれば問題ありません。

治療内容の理解がリスク管理であり、高いレベルのリハビリを提供できるでしょう。


現役、理学療法士5年目のyo-chanです!!

東京都東村山市出身。専門学校で理学療法士の「いろは」をまなび、現在は埼玉県の総合病院で内部障害を専門に勤務しています。

腎臓病患者は・・・・

●身体機能・ADL低下
「早期老化モデル」ともいわれ、腎臓病がある患者の身体機能は健常者に比べ”半分”になります。それに伴い、活動量が減り、ADLの低下が起こります。腎臓病だけで日常の生活が普通に遅れなくなり、QOL(生活の質)が減少してしまう恐ろしい病気です。

●若手セラピストの増加
年間PT.OT.ST合わせて約2万人のセラピストが誕生しています。腎臓病がセラピストを必要としている中、腎臓病に関する知識をつける場が少ないのが現状です。そんな若手セラピストのためのコンテンツ配信を目的にしています。

Follow me!

-知識, 糖尿病

Copyright© 腎GYM , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。