]

"若手セラピスト向け"内部障害のリスクリハビリテーションの提供&ヒントを与えます!!!

腎GYM

サルコペニア・フレイル 知識 高齢者

地域高齢者のフレイルの概要について

投稿日:

こんにちは。yo-chanです。

地域高齢者のフレイルは問題視されています。

 

そこで、今回はフレイルに対する概要について共有していきたいと思います。

 

 

 

フレイルの概念

高齢期において生理的予備能が低下することで
ストレスに対する脆弱性が亢進して不健康を引き起こしやすい状態が“frailty” とされており、転倒, ADL能力障害,要介護,死の転帰などのリスクを増大させる.

 

 

これまで”frailty”は日本語では「虚弱」「老衰」などと表記されることが多く
加齢によって心身が老いて衰えた状態が不可逆的なものであるとの印象を与えることが懸念されてきた.

 

 

 

 

 

 

 

 

そこで,この”frailty”の日本語表記として,「フレイル」を用いる提言が
日本老年医学会からなされ(2014年5月), フレイ対するさまざまな介入により心身機能を改善させる効果が期待されている。

フレイルへの介入の意義や予防の重要性が広く周知されることで,介護予防のための取り組みがより一層推進され,さらなる健康寿命の延伸につながることが望まれる.

 

フレイルは筋力低下に代表される身体機能の低下により転倒しやすくなるなどの身体的な問題のみならず
認知機能障害やうつなどの精神,心理的問題、さらに独居や経済的困窮などの社会的問題を含む概念とされる。

 

 

 

フレイルの設定

フレイルは、身体的認知的社会的
な各側面から包括的に評価されることが望まれるが
この各側面からの評価指標や判定方法が確立された状況には至っていない。

認知的フレイルと社会的フレイルに関してはその定義を含めて判定のための基準や評価すべき指標についての十分なコンセンサスが得られていない

 

 

 

身体的フレイルの判定

身体的フレイルに関しては,詳細な判定のために研究プロジェクトによっていくつかの方法が用いられているが
その基本的な概念については国際的に概ね共通した理解が得られている.

 

その代表的なものとして

①体重減少(shrinking/weight loss),
②筋力低下(weakness)
③疲労(exhaustion)
④歩行速度の低下(slowness)
⑤身体活動の低下(low activity)

の5つの要素のうち3つ以上が該当する場合を身体的フレイルと判定し
健常(robust) と身体的フレイルの中間として1~2つの要素が該当する場合を”pre-frail(プレフレイル)” とする。

 

 

 

 

 

 

 

Friedらによって報告されたCardivascular Health Study(CHS)での判定指標が
国際的に用いられることが多いようであるがわが国において,身体的フレイルの評価や,その予防策がより重要であろうと推察される高齢者の評価に用いるには,簡便化や修正が望まれる点が少なくない.

 

そこで、わが国で比較的容易な評価法として実施可能で,かつ妥当な判定がなされ得るものとして
これまでに報告がなされている筋力(握力)低下や歩行速度の低下の測定基準値を設定した判定法を用いることが推奨されている。

 

 

 

 

 

 

 

身体的フレイルの判定基準によって筆者らが地域在住高齢者4341名を対象に行った調査では,
フレイルに該当した高齢者(以下,フレイル高歯令者)の割合は6.9%
プレフレイルに該当した高齢者似下プレフレイル高齢者)の割合は49.6%であり,
CHSでの報告(フレイル高齢者が6.9%,プレフレイル高齢者が46.6%)と同様の結果であった.

 

また,同じ4.341名の地域在住高齢者について,将来の要支援·要介護との関連を調べた結果
健常高齢者の1.2%に2年間で要支援·要介護の発生が認められたのに対して,身体的プレフレイル高齢者では4.3%
身体的フレイル高齢者では17.6%であり,年齢や性別,疾患,認知機能·うつ徴候などの影響を調整しても
健常高齢者に比べて身体的プレフレイル高齢者では2.5倍,身体的フレイル高齢者では4.7倍に要支援·要介護発生のリスクが増大していることが確認された.

 

 

 

 

 

このことより,わが国の地域在住高齢者を対象として,表1の判定要素と表2の判定基準を用いて
将来の要支援·要介護の発生リスクを把握するために身体的フレイルを評価することは
介護予防を推進する上で有益になるものと考える

 

 

 

認知的フレイルの判定

認知的フレイルについては, International Academy on Nutrition and Aging (TANA)
International Association of Gerontology andGeriatrics (IAGG)のワーキンググループにより
身体的フレイルに認知障害(例えばClinicalDementia Rating scoreで0.5)を併存した状態とされている。

しかしながら, わが国の地域在住高齢者8,864名を対象とした調査)では,身体的フレイルと認知障害を併存した認知的フレイルに
該当した高齢者は1.2%程度であり,地域のハイリスク者を早期に発見するためには
わが国の現状に即した判定基準や評価指標について議論する余地があるものと考える.

 

 

 

社会的フレイルの判定

また社会的フレイルに関しても,独居や経済的困窮などの社会的な側面の重要性は指摘されているが
認知的フレイルの場合と同様,定義や判定基準はいまだ確立されていない.

地域在住高齢者を対象に,独居や他者との関わり状況などの社会的な側面を謹する質問紙を用いて
将来の要支援·要介護の発生リスクを見出すことができるかを調べた結果
以下の5つの項目が2年以内の要支援·要介護の新規発生と関連していることが確認された抽出された5項目は,

①独居である(はい),
②昨年に比べて外出頻度が減っている(はい)
③友人の家を訪ねている (いいえ)
④家族や友人の役に立っていると思う (いいえ)
⑤誰かと毎日会話をしている(いいえ)であった.

 

この5項目のうち2項目以上該当する場合を社会的フレイル
1項目該当する場合を社会的プレフレイル
と操作的に定義して2年以内の新規の要支援·要介護発生との関連を調べると
社会的フレイルに該当した高齢者では約1.7倍
社会的プレフレイルに該当した高齢者では約1.5倍
要支援·要介護発生リスクが有意に上昇することが示唆された.

 

 

そのため,高齢期の社会的な環境も,フレイル状態の予防や改善を考慮する上で注意すべき側面であり
経済状況や社会ネットワーク,社会活動状況などを含めた包括的な社会的フレイルの把握がさらに必要となる

現役、理学療法士5年目のyo-chanです!!

東京都東村山市出身。専門学校で理学療法士の「いろは」をまなび、現在は埼玉県の総合病院で内部障害を専門に勤務しています。

腎臓病患者は・・・・

●身体機能・ADL低下
「早期老化モデル」ともいわれ、腎臓病がある患者の身体機能は健常者に比べ”半分”になります。それに伴い、活動量が減り、ADLの低下が起こります。腎臓病だけで日常の生活が普通に遅れなくなり、QOL(生活の質)が減少してしまう恐ろしい病気です。

●若手セラピストの増加
年間PT.OT.ST合わせて約2万人のセラピストが誕生しています。腎臓病がセラピストを必要としている中、腎臓病に関する知識をつける場が少ないのが現状です。そんな若手セラピストのためのコンテンツ配信を目的にしています。

Follow me!

-サルコペニア・フレイル, 知識, 高齢者

Copyright© 腎GYM , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。