]

精神疾患を抱えたPTが現役リハ職・学生に知識の共有や仕事の在り方についてout putしていくblogです!

NEXT REHABILITATION

blog

音楽が体・心に影響を与える!

投稿日:

こんにちは。yo-chanです。

いつも何気なく聞いている音楽。

音楽を聴くことの効果なんで実際考えたことなかった。

しかし、音楽が身体的・精神的効果をもたらすことについてアメリカでは広く示されている。
近年、日本においても、代替医療として音楽療法が考慮されるようになってきています。
そのため、今回「音楽」がもたらす身体的、心理的影響について共有します。

 

 

 

 

音楽療法の定義と歴史

音楽療法は、日本音楽療法学会では「音楽の持つ生理的、社会的、心理的働きを用いて、心身の障害の回復、機能の維持改善、生活の質の向上、行動の変容などに向けて、音楽を意図的、計画的に使用すること」と定義されている。

 

 

アメリカの音楽療法学会では「音楽療法とは、臨床的かつエビデンスに基づいた音楽の使用法 (セラピストとクライアントの)治療関係のなかで、個人の目的を達成するために音楽を利用する。
承認された大学を卒業し、資格をもった音楽療法士によって行われるものである」と定義され、教育に裏打ちされた専門性がより重視されている。

しかし実際には、音楽療法士が介在せず看護師が音楽CDを聴かせるのみでも広く音楽療法と一般的には扱われ
論文では混乱がみられる。

 

その場合、音楽療法とせず、音楽介入(music intervention)と表現されることも多い。

 

 

音楽療法には能動的音楽療法受動的音楽療法がある。

能動的音楽療法
自ら歌を歌ったり、歌を作ったり、楽器を演奏したりする方法であり、

受動的音楽療法は、音楽を聴くことによる方法で、手軽にだれにでも行える治療方法である。
また、一対一の個人セッションと集団療法がある。

 

 

個人セッションでは相手の呼吸や気持ち、好みに合わせることができるため、より効果が得られやすい。
音楽療法士による音楽療法は楽器演奏のみではなく、心理療法の要素もあり、会話も重要である。

 

 

 

 

 

 

 

音楽療法の実際

音楽療法の利用は多岐にわたる施設としては
精神病院、リハビリ施設、医療病院、外来診療、デイケア、治療センター、発達障害者にサービスを提供する機関、薬物やアルコール依存症治療のブログラム、刑務所、高齢者センター、老人ホーム、ホスピス、学校である。

 

 

対象者は
低出生体重児,統合失調症、うつ病、失語症、パーキンソン病、脳血管障害、発達障害、自閉症スペクトラム、ダウン症、認知症などの患者である。

 

 

筆者が音楽療法士のインターンをしていたアメリカ、ニューヨークのベスイスラエル病院では、緩和ケアチームの関わっている患者緩和ケア病棟、新生児集中治療室(NICU)、小児病棟、外来抗がん剤治療,放射線治療,整形外科術前, ICU,待合室,放射線治療位置決め前,外来患者グループ(慢性閉塞性肺疾患,脳血管障害,小児喘息)で実際に音楽療法士の介入を行ってアメリカにおいては,音楽療法は1994年に保険適用となっている保険適用となるには,

(1)有資格者で所定の臨床経験を満たしている療法士が行うこと
(2)医師の処方であること
(3)医療行為としての必然性があること(疾病の種類による)
(4)治療がカルテなどの必要湛類に記載されている内容に従って行われること
(5)音楽療法による症状の改善が著しく認められること

などが条件となっている.

 

 

日本ではまだ保険の適用がなく,専門的知識を得た音楽療法士が安定的な収入を得ることができず、音楽療法の普及をさまたげている音楽療法士になるには楽器演奏技術のみならず,心理学,実習などのカリキュラムが必要で,ボランティアでは難しい。

アメリカでは資格を得て,音楽療法士としての開業も可能となっている。

 

 

日本では音楽療法学会による認定資格も整備されたが,一般にはボランティアと音楽療法士の違いは周知されていない。
日本音楽療法学会の認定資格者は2017年で全国に約3,000名である音楽療法学会員は2018年で約5,300名が所属している

 

 

 

 

音楽療法の効果

音楽療法の効果としては,生理的なもの(心拍数,自律神経への働きかけ),心理的なもの(リラクゼーション,気分の転換の提供)などがある。

 

高齢者に対する音楽療法であれば
認知症症状の緩和,認知症予防,介護予防の効果,子供のための音楽療法では発達の促進,コミュニケーション力への効果得られ
とくに自閉症に効果がある。

 

 

病院での音楽療法では,脳血管障害の後遺症,神経系の病気の症状のリハビリテーションに効果を認めている。
一部の失語症では,会話はできないが,歌は歌えることがある。
精神疾患においては,音楽活動を通じて,対人関係や生活能力の向上を認める。

 

 

緩和ケア科(図)においては、終末期に本人,不安や苦痛をやわらげる働きがある。
音楽療法の効果のエビデンスは,二重盲検ができないため,RCTとして質の高いリサーチは困難で、エビデンスレペルは高くはない。

 

音楽療法による個人での音楽療法がもっとも効果が高いとされているが,統計学的に有意な人数を得るのも困難である。

 

 

そのようななかでもCochranのうつ病に対する音楽療法のレビューでは411名のメタアナリシスがあり
医師判定によるうつ症状および患者報告によるうつ症状両方で、通常の治療に音楽療法併用することにより大きな効果カ得られたことを示す中等度のエビデンスが検出されている

 

 

透析患者に対して

透析関しては、看護師が決められた曲のCDをヘッドホンで透析中に流すスタディが多い。
七つのスタディのメタアナリシスにおいて,透析中に決められた音楽を聴くことにより、不安が有意に低下した。

スタディとしては困難ではあるが,透析室でライブ演奏することも可能である。
その場合、時にアラーム音などがあれば、演奏に取り入れて下快感を緩和するなどの工夫もできる。
音楽療法にenvironmental music therapy(EMT) という方法がある。

患者、スタッフ、介護者のその場の身体的,心理的ニーズをくみ取りつつ、目的をもってライブ演奏を行うもので、外来抗がん剤治療室や、待合室、ICUなどで行う。
患者と看護者のストレスの減弱と雑音の認識を減らすという報告がされている。

現役、理学療法士5年目のyo-chanです!!

東京都東村山市出身。埼玉県の専門学校で理学療法士の「いろは」をまなび、現在は埼玉県の総合病院で内部障害を専門に勤務しています。

私はおじいちゃんが野球をやっていたことを「きっかけ」に8歳から18歳までの10年間、野球に没頭してきました。

そんなおじいちゃんが17歳の時、脳梗塞で入院したことを「きっかけ」に理学療法士の存在をしり、目指すことにしました。

おじいちゃんと同じように、生活に困っている方にリハビリを提要している理学療法士の皆さん、また目指している学生さんに、そして、作業療法士、言語聴覚士のみなさんに

「きっかけ」をあたえられればと思いblogを開設いたしました。

未熟者ですが、皆さんを意見交換が出来れば幸いです。

よろしくお願いいたします。

Follow me!

-blog

Copyright© NEXT REHABILITATION , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。