]

精神疾患を抱えたPTが現役リハ職・学生に知識の共有や仕事の在り方についてout putしていくblogです!

NEXT REHABILITATION

バイタル 知識 精神 血圧

不安など精神状態の変化で起こる血圧変動について

更新日:

こんにちは。yo-chanです。

リハビリを実施している際のバイタル変動で何が起こっているのか考えるのってすごく難しいですよね。

そこまで知る必要あるの?
って思うこともあるかと思います。
しかし、臨床では先生・看護師よりもはやく状態変化にでくわす場合が結構あります。

そんな時バイタル変動、状態変化に気づけないといけません。

特にあるのは血圧変動です。
きのうまでは大丈夫だったのに今日高くないか?

こんなとき血液データや画像所見を見ます。
でも、まったく問題ない。。。。。

 

なんで???
え???

 

こんな時の血圧変動が起こる可能性があるのが、自律神経の乱れです。

要するに、不安など精神状態の変化です。

 

 

 

 

 

 

そこで今回は
精神的状態の変化から起こる自律神経の乱れで血圧が変わる理由について勉強しましたので報告します。

 

 

 

 

 

 

 

カテコラミンリリース

カテコラミンリリースとは、生命の危機にさらされると、その身体的ストレスから精神状態が変化します。

すると人体は生理的にある反応を起こします。
それがカテコラミンの放出です。

これをカテコラミンリリース=交感神経の興奮
と言います。

 

カテコラミンリリースによる生理的反応

・α1刺激=末梢血管の収縮
・β1刺激=レニン‐アンギオテンシン系を賦活化、心収縮増大・心拍数増加
↓ナトリウムを再吸収することで収縮期血圧を上昇
・ノルエピネフリン(α+β作用)=収縮期・拡張期血圧上昇
・α2刺激=ナトリウム排泄、α1作用に拮抗
・β2刺激=血管拡張

 

 

 

 

血圧異常

血圧の異常は上昇と低下です。

急性期疾患のバイタルサインを評価するポイントは
①脈初と血圧をチェック
②大脈圧≧収縮期血圧/2
③カテコラミンリリースの有無を確認

*血圧の評価ではカテコラミンリリースの代表的病態かショックを見分ける必要があります

・カテコラミンリリースの代表的な病態(急性で大脈圧を伴う血圧上昇)
・ショック(乏尿や意識障害などの臓器障害を伴う血圧低下)

 

 

 

 

 

 

 

血圧上昇(カテコラミンリリースの代表的な5病態)

まず最初に確認すべきは、この血圧上昇が急性発症なのか、慢性的な高血圧なのかです。
慢性的の血圧上昇であれば、以前から高血圧を指摘されているだろうし、症状も徐々に代償されてほとんど無症状なはずです。
本態性高血圧などでは、動脈硬化が進みにつれ血管抵抗性が増大することで拡張期血圧が上昇してくるため、脈圧(収縮期血圧ー拡張期血圧)はさほど大きくなりません。

 

急性期で考えるべきことは、カテコラミンリリースしている病態かどうかです。
カテコラミンリリースは恐怖・怒り・ストレスなどで誘発されますが、特に大脈圧を伴う血圧症状(大脈圧≧収縮期血圧/2)があれば、必ずカテコラミンリリースの病態かどうかを考えるべきです。

 

 

*カテコラミンリリースの代表的な5病態

・呼吸不全(低酸素血症・高二酸化炭素血症)
・心不全、循環不全(ショック・有効循環血液量低下)
・低血糖
・発熱(敗血症など)
・疼痛や不安・運動後

 

 

 

 

血圧低下(ショックの5病態)

血圧低下はショックと呼ばれる状態で問題となります。
ショックは、腎血流低下による尿量減少
脳血流低下による意識レベル低下が病態として挙げられます。

血圧低下がある患者を診た際には、尿量減少または意識障害を見分ける必要があります。

 

ショックであれば以下の病態が考えられます。

S:sepsis=敗血症
H:Hypovolemic=低容量
O:Obstructive=閉塞性
C:Cardiogenic=心源性
K(D):Distributive=分配性

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ショックを見分けるヒント

①低容量ショックと閉塞性ショック
収縮期血圧の1/4以下の脈圧縮小を伴う低血圧を起こします。
この2つを見分ける方法は、内頸静脈を診察します。
内頸静脈怒張を認めれば閉塞性ショックであり
内頸静脈が虚脱していれば低容量性ショックを疑います。

②敗血症性ショック
高体温または低体温、感染兆候がヒントになります。

③分配性ショック
末梢音感がヒントになります。

④心源性ショック
心臓そのものの機能低下であるので、徐脈になったり注意が必要です。

 

 

 

 

*下記リンクから他の理学療法士・作業療法士さんが書いたblogを見ることができます。
チェックしてみてください!!


理学療法ランキング


にほんブログ村
にほんブログ村テーマ リハビリ(リハビリテーション)へ
リハビリ(リハビリテーション)

現役、理学療法士5年目のyo-chanです!!

東京都東村山市出身。埼玉県の専門学校で理学療法士の「いろは」をまなび、現在は埼玉県の総合病院で内部障害を専門に勤務しています。

私はおじいちゃんが野球をやっていたことを「きっかけ」に8歳から18歳までの10年間、野球に没頭してきました。

そんなおじいちゃんが17歳の時、脳梗塞で入院したことを「きっかけ」に理学療法士の存在をしり、目指すことにしました。

おじいちゃんと同じように、生活に困っている方にリハビリを提要している理学療法士の皆さん、また目指している学生さんに、そして、作業療法士、言語聴覚士のみなさんに

「きっかけ」をあたえられればと思いblogを開設いたしました。

未熟者ですが、皆さんを意見交換が出来れば幸いです。

よろしくお願いいたします。

Follow me!

-バイタル, 知識, 精神, 血圧
-, ,

Copyright© NEXT REHABILITATION , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。