]

"若手セラピスト向け"内部障害のリスクリハビリテーションの提供&ヒントを与えます!!!

腎GYM

blog

症例検討における”恐怖” !!失敗を恐れない人間こそ成功の秘訣!!

更新日:

こんにちは。yo-chanです。

今日は思ったことをblogに書きます。

最近、かたっ苦しかったので・・・・・

 

 

うちのリハ科では「週1回の症例検討」を実施しています。

対象は全職員です。

 

 

なぞの係!

各チームにはその症例検討をチェックする「症例検討係」という係があります(笑)
私はこの係の存在を鼻で笑います。(笑)

作った資料をその係に見せてから
症例検討の日を迎えるのです。

 

意味ないと思いませんか?

 

どうせ症例検討の時には先輩にぼこぼこにされるのに・・・・・・

 

 

若いときは「症例検討いやだな。。。」
としか思っていなかったです。

 

なぜなら、、、、

○○を問題点に挙げてるけどこの評価なくない?・・・・・とか
○○できなかったら帰れないの?・・・・・とか

 

 

できないやつ
自分をできると思ってるやつ
だいたいこれを言ってきます。

 

 

馬鹿らしい。。

 

 

まぁでもこれは避けられませんよね。

 

なのに症例検討係という係を作り、一度チェックをもらってからその日に望む。
あまりにも酷だと思っています。

 

 

 

心の底から感じる”恐怖”

先ほどの言いましたが、
若いときは「症例検討いやだな。。。」
としか思っていなかったです。

 

 

 

その理由は“失敗を恐れる”からです。

 

 

なんで”失敗を恐れる”のでしょうか?
私の個人的な見解では、
”恐怖”だと思います。

 

 

何に対して?

 

 

この対象は ”上司” ”先輩” です。

 

私の今の職場には、”失敗を恐れる”人間ばかり。

 

できなくても構わないからそのままだして、ぼこぼこにされればいい。
要するにたくさん失敗すればいいということ

 

テキサス人の思考ってどんなんか知ってますか?

 

テキサス人は失敗を葬り去ったりしない。失敗によって意気を奮い立たせる。失敗を受け入れ、それを元気の源に変えるんだ。テキサス人は失敗からエネルギーをもらって勝利者になる。だが、このやり方はテキサス人だけに当てはまるわけじゃない。すべての勝利者に当てはまるんだ。

以前、”金持ち父さん貧乏父さん”という書籍を紹介した際に感動した名言です

 

 

 

 

 

 

 

 

↓リンク
お金・仕事の思考が変わる!書籍「金持ち父さん貧乏父さん」で学んだ名言

金持ち父さん貧乏父さん アメリカの金持ちが教えてくれるお金の哲学

価格:1,728円
(2018/9/10 23:25時点)
感想(0件)



失敗を恐れない人間こそ成功の秘訣

新人や2,3年目えは、どう頑張ったって「経験」の差があります。

何のために
そして誰のために「理学療法士」として仕事をしているのか考える必要があります。

”患者ファースト”

 

 


*下記リンクから他の理学療法士・作業療法士さんが書いたblogを見ることができます。
チェックしてみてください!!


理学療法ランキング


にほんブログ村

現役、理学療法士5年目のyo-chanです!!

東京都東村山市出身。専門学校で理学療法士の「いろは」をまなび、現在は埼玉県の総合病院で内部障害を専門に勤務しています。

腎臓病患者は・・・・

●身体機能・ADL低下
「早期老化モデル」ともいわれ、腎臓病がある患者の身体機能は健常者に比べ”半分”になります。それに伴い、活動量が減り、ADLの低下が起こります。腎臓病だけで日常の生活が普通に遅れなくなり、QOL(生活の質)が減少してしまう恐ろしい病気です。

●若手セラピストの増加
年間PT.OT.ST合わせて約2万人のセラピストが誕生しています。腎臓病がセラピストを必要としている中、腎臓病に関する知識をつける場が少ないのが現状です。そんな若手セラピストのためのコンテンツ配信を目的にしています。

Follow me!

-blog
-,

Copyright© 腎GYM , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。