]

"若手セラピスト向け"内部障害のリスクリハビリテーションの提供&ヒントを与えます!!!

腎GYM

腎臓 透析

透析中に運動療法をする効果はあるのか?

投稿日:

こんにちは。yo-chanです。

この頃「呼吸」や「サルコペニア・フレイル」の分野の投稿が多かったので、久しぶりに「腎臓」をテーマにしたいと思います。

今回は腎臓リハビリの機能評価です。近年、外来透析クリニックでは
「透析中の運動療法」
がトレンドになっています。

透析中に運動って大丈夫なの????

私が最初に思ったことです。

 

 

透析は命をつなぐ大事な治療法の一つですが、実施中に運動するイメージがわかない方ややる理由が分からない方が多いと思います。

そこで、透析中に運動を行うことのメリットから説明し
その機能評価までも説明したいと思います。

 

 

 

 

☆透析中に運動する理由
透析中はベッドの上で安静にしていなければなりません。
これは何となくイメージつくかと思います。

 

●透析時間
一日約4時間の透析を週3回実施します
合計すると週12時間ベッド上での安静を強いられます。


これでは「廃用症候群」まっしぐら!!!!

そこで、近年透析中の運動療法が推進されてきています。

 

 

 

 

☆アシドーシス補正
腎不全患者は「代謝性アシドーシス」に陥ることが多くあります。

●腎臓とHco3の再吸収
腎臓による酸塩基平衡の調整を「代謝性調節」といいます。代謝性調節は、以下のように行われます。

私たちが栄養素を代謝したとき、いらなくなった不揮発性の酸が血液中に放出されます。これらの酸は血液中で化学反応を起こし、水素イオンH+を放出させます。そしてこの水素イオンH+を腎臓から尿中へ排出させることで、pHを保っているのです。

また、腎臓は必要時重炭酸イオンHCO3-を再吸収することでも、pHを保とうとしています。

 

そのため、Hco3が吸収できず
CO2(酸性)が体内に蓄積していきます。


よってPhは酸性に傾き「アシドーシス」になっていきます。
さらに、運動をすると”乳酸”がたまります。
この”乳酸””Hco3”と緩衝し”炭酸”になります。

 

乳酸の特徴は”気化しない酸”といわれ、呼吸で対外に排出することができません。
気化するさんとして代表的なものがCo2(二酸化炭素)ですよね。

そのため、体内で緩衝させ別の物資に変えるしかありません。

 

本来であれば、”Hco3”十分にある健常人では問題なく緩衝し、乳酸がたまることもありません。
ですが、腎不全患者はこのHco3が少ないため、乳酸がたまりやすく筋疲労を起こしやすくなります。

しかし、透析中に運動することで「アシドーシス補正」しながら運動することができます。

 

 

どういうことか????
透析中は体内に透析液は”アルカリ化剤”と言われHco3を含みます。

そのため、透析中に運動することで乳酸がHco3と緩衝し体外に炭酸として排出できます。
ようするに乳酸がたまりにくい。というわけです。
 

 

 

 

☆機能評価
透析中の運動療法の理由や原理は説明しましたが
臨床的な効果が分からないですよね。

なので紹介したいと思います


効果

運動耐容能の改善:peakVo2の向上、6MDの向上
QOLの向上:SF‐36改善
透析効率の向上:KT/Vの改善

↑代表的なものを上げました。

身体機能としては歩行能力(6MD)の改善
握力、下肢筋力、アルブミン、CRPの改善に効果はない

という結果もあります。

 

今後患者の身体機能を見ていくうえでの課題としては、
課題:年齢が若い、HD歴5年以内、期間が最大10か月、介入方法の違い(大半がエルゴメーターを使用)
などがあげられます。

 

 



*下記リンクから他の理学療法士・作業療法士さんが書いたblogを見ることができます。
チェックしてみてください!!


理学療法ランキング


にほんブログ村

現役、理学療法士5年目のyo-chanです!!

東京都東村山市出身。専門学校で理学療法士の「いろは」をまなび、現在は埼玉県の総合病院で内部障害を専門に勤務しています。

腎臓病患者は・・・・

●身体機能・ADL低下
「早期老化モデル」ともいわれ、腎臓病がある患者の身体機能は健常者に比べ”半分”になります。それに伴い、活動量が減り、ADLの低下が起こります。腎臓病だけで日常の生活が普通に遅れなくなり、QOL(生活の質)が減少してしまう恐ろしい病気です。

●若手セラピストの増加
年間PT.OT.ST合わせて約2万人のセラピストが誕生しています。腎臓病がセラピストを必要としている中、腎臓病に関する知識をつける場が少ないのが現状です。そんな若手セラピストのためのコンテンツ配信を目的にしています。

Follow me!

-腎臓, 透析
-, ,

Copyright© 腎GYM , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。