]

精神疾患を抱えたPTが現役リハ職・学生に知識の共有や仕事の在り方についてout putしていくblogです!

NEXT REHABILITATION

サルコペニア・フレイル 呼吸

COPDはサルコペニア・フレイルになりやすい。その原因とは??

更新日:

こんにちは。yo-chanです。

最近、患者さんをよく診療する際に「元々のADL・身体機能」が重要だと感じることが多くなってきました。
ご家族に病前の状態を聴取すると
「最近動かなくなってましたね」
「1年前までは普通に歩いていたんですけどね」

などよく耳にします。

 

それだけ高齢になるということが
「ADL」「身体機能」
を低下させるのか身にしみて感じます。

 

そのため、
「サルコペニア」
「フレイル」
に関して投稿が多くなっていることをご了承ください。

 

これらの投稿が私の悩みの方向を示しています。(笑)

 


☆COPDとサルコペニアの原因

COPD患者においては,古くから栄養障害・体重減少があることが知られています。

特に皿期(高度の気流閉塞)
IV期(極めて高度の気流閉塞)

の気腫型COPDで顕著.

また,特に日本人COPD患者においては気腫型のCOPDが多く,従ってやせを示す患者が多い.

日本における外来患者の調査では

軽症,中等症が7割!!!!
BMIが20未満の体重減少が約30%!!!

 

体重減少の程度は閉塞性障害の重症度に相関して高度になっています.

COPD患者は食欲不振があります,
よってエネルギー摂取量の低下から,筋タンパク質合成能低下をきたします.

一方,呼吸仕事量増加により呼吸運動負荷が強く
エネルギー消費量が増え筋タンパクの分解作用元進が存在し
筋肉量減少・体重減少を来しています.

 

 

さらに

筋肉量減少

呼吸筋量の減少

そのため身体活動量が低下

食欲低下

体重が減少

という悪循環が起こります.

 

 

☆COPDサルコペニアの身体機能
安定したCOPD外来患者では,14.5%がサルコペニアを認めるといわれています。
サルコペニア増加は年齢の上昇,GOLDの重症度の上昇とともに増加しますが,性差はないと言われます.

サルコペニア(+)の群では
COPDでは(一)の群と比べ

運動耐用能
身体機能
身体運動量
健康状態

が低下します.

ただ,呼吸器リハビリテーションに対する反応性はサルコペニアの有無で差がなかったといい,
リハビリ後,20%がサルコペニア状態を脱することができたといいます


理学療法ランキング


にほんブログ村

 

 

 

☆COPDとフレイル
まずおさらい・・・・・

フレイルとは
加齢に伴う様々な機能変化や予備能力低下によって健康障害に対する脆弱性が増加した状態と考えられる.

フレイルを加速させる要因
フレイルは通常,加齢に対する二次的な変化としてとらえられます。

慢性疾患,例えば糖尿病,脳血管疾患,心不全,腎不全(腎透析),COPDなどによって

フレイル状態への加速!!!!!

 

フレイルには

サルコペニア
生活機能障害
免疫能低下
神経内分泌異常

などの様々な異常が複合的に関与してきます.

 

COPDとの関連性
COPDでは肺外症状として

身体活動性低下
筋力低下
食欲不振
骨粗しょう症
易疲労感

などの様々な症状病態があり,こういった状態はフレイルで高頻度にみられるものです.

安定したCOPD患者において25.6%がフレイル!!!

 

フレイルの頻度は
年齢GOLDのステージ分類
MRCスコアの上昇

とともに増加!

また,リハビリテーションとの関連ではリハビリ後61.3%がフレイル状態を脱出したと言われています。

さらに、COPD患者ではフレイルが18%に,
プレフレイル64%にみられたといいます。

 

これを見てわかるように、COPDという疾患を持っているだけで筋力や身体機能の低下が起こってしまいやすいんです。
呼吸器内科の患者だけでなく、他の病気が主であっても、「サルコペニア」「フレイル」の可能性が十分に隠れていることを忘れてはいけません。

 

 

*下記リンクから他の理学療法士・作業療法士さんが書いたblogを見ることができます。
チェックしてみてください!!


理学療法ランキング


にほんブログ村

現役、理学療法士5年目のyo-chanです!!

東京都東村山市出身。埼玉県の専門学校で理学療法士の「いろは」をまなび、現在は埼玉県の総合病院で内部障害を専門に勤務しています。

私はおじいちゃんが野球をやっていたことを「きっかけ」に8歳から18歳までの10年間、野球に没頭してきました。

そんなおじいちゃんが17歳の時、脳梗塞で入院したことを「きっかけ」に理学療法士の存在をしり、目指すことにしました。

おじいちゃんと同じように、生活に困っている方にリハビリを提要している理学療法士の皆さん、また目指している学生さんに、そして、作業療法士、言語聴覚士のみなさんに

「きっかけ」をあたえられればと思いblogを開設いたしました。

未熟者ですが、皆さんを意見交換が出来れば幸いです。

よろしくお願いいたします。

Follow me!

-サルコペニア・フレイル, 呼吸
-, ,

Copyright© NEXT REHABILITATION , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。