]

精神疾患を抱えたPTが現役リハ職・学生に知識の共有や仕事の在り方についてout putしていくblogです!

NEXT REHABILITATION

知識 腎臓

腎不全の種類と病態!

投稿日:

こんにちは。yo-chanです。

 

今回は、腎不全について解説しようと思います。

 

以前より腎不全によるリハビリの効果や持久力のついて報告させていただきましたが

そもそも病態についてちゃんと載せてないなと思い、投稿させていただきます。

 

種類

腎不全には

腎前性

腎性

腎後性

と3つの種類に分類されます。

 

腎前性腎不全

腎前性は腎臓の前が障害されていることによって起こる腎不全です。

 

主な原因

①脱水

②心拍出量の低下

出血・下痢・嘔吐など、なんらかの原因によって脱水が生じた際は起こりやすいです。

理由は腎臓の流れる水分の低下により、腎臓で濾過してしますとより脱水を助長してしまいます。そのため、濾過せずそのまま血液のなかに水分が留まり続けます。よって、腎臓機能が衰えると仕組みです。

 

治療

①体液管理

②酸塩基平衡

 

腎後性腎不全

名の通り腎臓の後が障害されることを言います。

 

主な原因

①水腎症

神経因性膀胱、前立腺肥大・異常など

 

腎臓で濾過された原尿は膀胱へ貯蔵されますが、水腎症などで膀胱がパンパンな状態だと腎拡大が生じます。

すると、尿細管もぱんぱんになってしまい、腎臓の機能不全をきたすこととなります。

 

 

治療

①尿路の確保:尿道バルーンの留置

 

腎性腎不全

腎臓そもそもの障害によって起こる腎不全です。

 

主な原因

①尿細管の障害

②糸球体の障害

③血管性腎不全

 

腎臓にる濾過・再吸収・分泌がされない状態であるため、原尿が足れながし状態です。

 

 

 

 

検査値の違い

クレアチニンとBUNの比に違いが表れます。

 

 

腎前性ではCre≧40,BUN≧20

腎性ではcre≦20,BUN≦20

 

 

また、クレアチニン、BUNそもそもにも違いが生じます。


腎性
の場合、クレアチニン・BUNともに低下

腎前性・腎後性の場合、クレアチニン・BUN・eGFRが上昇

 

 

 

 

腎不全の種類で大事なのは

腎臓が死んでいるかどうかです。

 

腎性腎不全が最も問題です。透析導入になることが多いでしょう。

ですが腎前性・腎後性である場合には、治療次第で腎機能か回復することが多いです。

 

なぜなら腎臓は生きているから!!!!

 

*下記リンクから他の理学療法士・作業療法士さんが書いたblogを見ることができます。
チェックしてみてください!!


理学療法ランキング


にほんブログ村

現役、理学療法士5年目のyo-chanです!!

東京都東村山市出身。埼玉県の専門学校で理学療法士の「いろは」をまなび、現在は埼玉県の総合病院で内部障害を専門に勤務しています。

私はおじいちゃんが野球をやっていたことを「きっかけ」に8歳から18歳までの10年間、野球に没頭してきました。

そんなおじいちゃんが17歳の時、脳梗塞で入院したことを「きっかけ」に理学療法士の存在をしり、目指すことにしました。

おじいちゃんと同じように、生活に困っている方にリハビリを提要している理学療法士の皆さん、また目指している学生さんに、そして、作業療法士、言語聴覚士のみなさんに

「きっかけ」をあたえられればと思いblogを開設いたしました。

未熟者ですが、皆さんを意見交換が出来れば幸いです。

よろしくお願いいたします。

Follow me!

-知識, 腎臓
-, ,

Copyright© NEXT REHABILITATION , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。