]

精神疾患を抱えたPTが現役リハ職・学生に知識の共有や仕事の在り方についてout putしていくblogです!

NEXT REHABILITATION

blog 再生医療

超高齢化社会の新たな希望

投稿日:

2025年問題が間近になった日本ですが、新たな希望となる記事を発見!!!

 

なんと”2033年認知症や神経障害が克服され健康時寿命は100歳に届く”

らしい!!!!!!!

 

これがほんとならやばい!!!

惑星探査に遺伝子を改変する

地球外の惑星でも人間が生活できるように遺伝子が操作された宇宙飛行士が探査に派遣される。

なんてsf小説みたいなことが、実際に可能になるかもしれない!

生命が誕生して以来、環境の変化に適応し遺伝子を改変させながら生物は生き残ってきた。有酸素呼吸を始めたときも、水中から陸へ上がったときも、幾度の大絶滅を経験した時も、我々の祖先はその都度、巧みに遺伝子を変え、身体の仕組みや機能を変化させてきた。

人類は地球を開拓し終えた後、ついに宇宙へ飛び出す。その過酷さは計り知れないだろう。これから宇宙へ向かうとき、人類は自らの遺伝子操作によってその過酷な環境を乗り越えるはずだ。

 

とのこと。遺伝子操作って映画見たいですね。

 

新医療にも副作用克服の課題あり

再生医療や遺伝子治療の飛躍ぶりはとどまることを知らない。

遺伝子治療には大きく二つある。

①変異したり先天的に欠損したりして異常になっている遺伝子を修復したり修正したりする治療法

②遺伝子自体を薬として用い、ベクターという運び屋に幹部へ運んでもらい様な治療法

遺伝子技術を利用して人体の組織を再生させる再生医療も遺伝子治療の一種と言われる。ノーベル医学生理学章を受章した京都大学の山中教授おiPS細胞による再生医療が注目を集めたが、こうしたES細胞などを含む人工多能性幹細胞を使った、クローン技術や臓器培養技術を応用しての再生医療もある。

遺伝子治療の共通の課題は癌化を含めた免疫反応による副作用を克服することだ。

 

いやもう、わけわかんね。

 

遺伝子治療で認知症はなくなる

iPs細胞では免疫反応を起こしにくい細胞を利用することで、2015年10月に加齢黄斑変異症の治療に応用、初めて移植手術を成功させた。術後1年を経て、がんなどの異常が見つからず、iPS細胞初めての治療となった。

また、iPS細胞は創薬にも応用されている。iPS細胞を利用して進行性骨化性線維異形性症の治療薬となるものを見つけ臨床試験を開始すると2017年8月に発表されている。

iPS細胞があらわれた効果はこれまで非効率的で技術的に難しかった遺伝子治療を臨床応用にしやすいレベルまで引き下げたことだった。患者自身の細胞を使うことで、多様な疾患に応用できる可能性があることも大きいだろう。

iPS細胞研究では2020年までに神経科細胞で臨床応用がなされ、例えば日本神経学会によれば、遺伝子治療や神経回路の再生医療などが開発されことで、2033年までに認知症や神経障害が克服され、健康寿命は100歳まで手が届くようになるそうだ。

臨床研究また治験は軟骨の再生、パーキンソン病、重症心不全、角膜の再生などがすでに始められている。そして、順次、脊髄損傷、糖尿病、歯の再生、腎臓の再生などがスタートされる。

 

 

 

 

これで健康寿命が延びたとき、ADLが維持されなければ非常にもったいないです。理学療法士の立場から見ると健康寿命を延ばすことに大きな関与がみこめると感じますね。

 

人工透析が必要な腎臓病にも再生医療が

腎臓の再生はかなり難しく、iPS細胞のロードマップでも最も長期的な分野の一つになっている。腎機能は不可逆的に廃絶(廃止してなくなる)に向かっていくとされ、すでに廃絶してしまった腎臓を新たに作り出すことができれば、透析患者にとって福音といえ、社会医療費の負担にとっても大きな利益になるだろう。

すでに豚のiPS細胞を使って膵臓は成功しているが腎臓はまだのようだ。

 

腎臓病の患者は約1330万人。人工透析患者は30万人と言われている。また、透析医療費は1.4兆円とされ、社会的負担になっている。

現役、理学療法士5年目のyo-chanです!!

東京都東村山市出身。埼玉県の専門学校で理学療法士の「いろは」をまなび、現在は埼玉県の総合病院で内部障害を専門に勤務しています。

私はおじいちゃんが野球をやっていたことを「きっかけ」に8歳から18歳までの10年間、野球に没頭してきました。

そんなおじいちゃんが17歳の時、脳梗塞で入院したことを「きっかけ」に理学療法士の存在をしり、目指すことにしました。

おじいちゃんと同じように、生活に困っている方にリハビリを提要している理学療法士の皆さん、また目指している学生さんに、そして、作業療法士、言語聴覚士のみなさんに

「きっかけ」をあたえられればと思いblogを開設いたしました。

未熟者ですが、皆さんを意見交換が出来れば幸いです。

よろしくお願いいたします。

Follow me!

-blog, 再生医療

Copyright© NEXT REHABILITATION , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。