]

精神疾患を抱えたPTが現役リハ職・学生に知識の共有や仕事の在り方についてout putしていくblogです!

NEXT REHABILITATION

知識 腎臓

慢性腎不全(CKD)と乳酸アシドーシス

更新日:

慢性腎不全(CKD)患者は高強度な運動によって、乳酸アシドーシスに至ることがあります。
今回はその原理について、説明しようと思います。

病気がみえる(8)第2版 腎・泌尿器 [ 医療情報科学研究所 ]

価格:3,564円
(2018/7/9 12:16時点)
感想(12件)

 

 

乳酸アシドーシスとは?

何らかの原因によって血中に「乳酸」が増加し、生じるアシドーシスのことで、致死率が50%と高く、早急な対応が求められる疾患です。
症状としては、意識障害や昏睡に至ることがあります。

検査値

乳酸値:2~5mmol/L(18~45mg/dl)以上の場合
この場合は、注意深く経過観察が必要です。症状の悪化があれば原因精査が必要です。
乳酸値:5mmol/l(45mg/dl)以上の場合
大至急乳酸を測定し、原因精査と治療を行う必要がある状態です。

原因

原因は多岐にわたります。

代謝性アシドーシスは大量の酸や代謝によって酸に変化する成分を体内へ取り入れることに起因して体の中の酸が増えてしまう状態を言います。一方、酸が作られる量は適正範囲内でも、腎臓が十分に作用しないことから尿中へ適切な量の酸を排泄できないことに起因して発症する場合もあります。呼吸性アシドーシスは二酸化炭素を適正とされる範囲内において肺から排出できないことで引き起こされます。これは肺機能に支障をきたして二酸化炭素が溜まってしまうことに由来します。例えば、高度な肺炎や、肺水腫、肺気腫、喘息、慢性気管支炎などによって発生します。更に睡眠薬や胸部筋肉、胸部神経疾患などによっても引き起こされます。

<主な原因疾患>

  • 低血圧(脱水、出血、心原性ショック、敗血症性ショック)
  • 低酸素血症
  • 重症貧血
  • 一酸化炭素中毒
  • 硫化水素中毒・シアン化物中毒
  • 腸管虚血
  • 四肢壊疽
  • 酸素消費の増大(運動、痙攣発作、ふるえ)
  • 糖尿病
  • 肝不全
  • 腎不全
  • 敗血症
  • 痙攣
  • 褐色細胞腫
  • 悪性腫瘍
  • SIRS(systemic infallmatory response syndrome)
  • チアミン(ビタミンB1)欠乏
  • 感染症(HIV、マラリアなど)
  • 先天性代謝異常(グルコース-6-ホスファターゼ欠損、MELASなど)
  • D-乳酸アシドーシス
  • 低血糖
  • 薬物・中毒

 

運動による乳酸の生成

慢性腎不全患者に対し、高強度な運動が乳酸アシドーシスのリスクになります。
高強度は主にAT値を超えるほどの運動を言います。

ATを超える負荷になると、無酸素性の代謝閾値になり乳酸が生成されます。
乳酸は酸性ですので、アシドーシス方向へ傾きます。
高強度な運動を継続して実施することでアシドーシスになり続け、意識障害などが起こるリスクがあります。

でも、腎不全患者でなくても運動すれば乳酸ってたまりますよね。
「足に乳酸たまってきた」とかよく言いましたよね。

そうなんです。健常人でも乳酸はたまります。
では腎不全患者に乳酸をためてしまうことでなぜリスクなのか?
今回はそこが重要になります。

細胞から乳酸が生成されアシドーシス方向へ傾きます。

ここで注目すべきポイントは、phを正常に戻すための働きをします。

腎臓によって排出される重炭酸イオン(Hco3)が乳酸と“緩衝”するということです。

緩衝した重炭酸イオン(Hco3)と乳酸は炭酸になり体の外へ排出されます。
ですが腎不全患者の場合は少し異なります。

腎臓の特徴は重炭酸イオンを生成します。

お気づきかと思いますが、健常人にくらべ圧倒的に重炭酸イオンの数が減ってしまうため、緩衝できず体内に残り、蓄積してしまいます。

 

不揮発性酸

不揮発性って聞きなれない言葉です。
“気化しない基質”という意味です。体外へ排出する際、呼吸で排出できない酸なります。

そのため、体外へ排出する際は尿としてしか出せません。
呼吸で排出される代表的な酸は二“酸”化炭素がと“酸”素ですよね。
呼吸で排出されないため、乳酸はどんどん体内へ蓄積され続けるという原理です。

 

 

ATレベルへすぐ達してしまう

上記にように、腎不全患者は乳酸がたまりやすい、かつ排出しにくいことが分かりました。
これを応用すると、ATレベルへ達しやすいことも考えられます。健常人は運動負荷が高くなっても乳酸がたまりにくいため、長く運動をし続けることができます。
「持久力がある」人になりますが、乳酸がたまりやすい腎不全患者は低負荷にもかかわらず乳酸がたまりやすい体になっているため、「持久力がない」人のなってしまいます。

 

病気がみえる(8)第2版 腎・泌尿器 [ 医療情報科学研究所 ]

価格:3,564円
(2018/7/9 12:16時点)
感想(12件)







*下記リンクから他の理学療法士・作業療法士さんが書いたblogを見ることができます。
チェックしてみてください!!


理学療法ランキング


にほんブログ村

現役、理学療法士5年目のyo-chanです!!

東京都東村山市出身。埼玉県の専門学校で理学療法士の「いろは」をまなび、現在は埼玉県の総合病院で内部障害を専門に勤務しています。

私はおじいちゃんが野球をやっていたことを「きっかけ」に8歳から18歳までの10年間、野球に没頭してきました。

そんなおじいちゃんが17歳の時、脳梗塞で入院したことを「きっかけ」に理学療法士の存在をしり、目指すことにしました。

おじいちゃんと同じように、生活に困っている方にリハビリを提要している理学療法士の皆さん、また目指している学生さんに、そして、作業療法士、言語聴覚士のみなさんに

「きっかけ」をあたえられればと思いblogを開設いたしました。

未熟者ですが、皆さんを意見交換が出来れば幸いです。

よろしくお願いいたします。

Follow me!

-知識, 腎臓
-, , ,

Copyright© NEXT REHABILITATION , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。