]

精神疾患を抱えたPTが現役リハ職・学生に知識の共有や仕事の在り方についてout putしていくblogです!

NEXT REHABILITATION

知識 腎臓

慢性腎不全(CKD)と下肢筋力

更新日:

慢性腎不全患者の下肢筋力は健常人の40%です。

筋力が増えにくければ、減りやすいです。

高齢者であればよりそうでしょう。

 

サルコペニア

サルコペニアは、「加齢による筋肉量減少」を意味する用語です。サルコペニアの定義は現状では確定されたものはないみたいです。

現在は、狭義では筋肉量減少。

広義では筋力低下や身体機能低下が含まれたものが「サルコペニア」と呼ばれているそうです。

 

CKD患者はサルコペニアやフレイルになりやすい

筋肉量や運動耐容能の低い患者ほど生命予後が不良になります。

慢性腎不全患者では、栄養治療として工夫された食事を摂取しても、摂取したたんぱく質やアミノ酸は筋たんぱくの合成には利用されにくく、骨格筋減少がおきやすく、サルコぺニアやフレイルになりやすい疾患です。

 

なぜなら、慢性腎不全患者では身体活動量の低下(運動不足)に加えて、尿毒症物質の蓄積やアシドーシスが炎症性サイトカインの増加、インスリン抵抗性などを招来し、骨格筋減少に働くからです。

 

慢性腎不全患者での筋たんぱくの分解を防止するには、きちんと食事療法を行うことに加えて、運動することがとても重要。また、筋たんぱく合成の最大の刺激因子は運動です。

 

 

筋力低下の原因

慢性腎不全患者における骨格筋減少の原因

1.炎症性サイトカインの増加

2.筋たんぱくの合成・分解のアンバランス

3.身体活動量の低下(運動不足)

4.性ホルモン(テストステロン、エストロゲン)の減少

5.成長ホルモンに対する筋肉の反応性低下

6.インスリン抵抗性

7.活性型ビタミンD の低下

8.サテライト細胞の減少

9.代謝性アシドーシス

10.アンジオテンシンⅡの増加

11.PEW(食欲低下による栄養摂取量の不足)

12.ミオスタチンの過剰発現

 

 

 

*下記リンクから他の理学療法士・作業療法士さんが書いたblogを見ることができます。
チェックしてみてください!!


理学療法ランキング


にほんブログ村

現役、理学療法士5年目のyo-chanです!!

東京都東村山市出身。埼玉県の専門学校で理学療法士の「いろは」をまなび、現在は埼玉県の総合病院で内部障害を専門に勤務しています。

私はおじいちゃんが野球をやっていたことを「きっかけ」に8歳から18歳までの10年間、野球に没頭してきました。

そんなおじいちゃんが17歳の時、脳梗塞で入院したことを「きっかけ」に理学療法士の存在をしり、目指すことにしました。

おじいちゃんと同じように、生活に困っている方にリハビリを提要している理学療法士の皆さん、また目指している学生さんに、そして、作業療法士、言語聴覚士のみなさんに

「きっかけ」をあたえられればと思いblogを開設いたしました。

未熟者ですが、皆さんを意見交換が出来れば幸いです。

よろしくお願いいたします。

Follow me!

-知識, 腎臓

Copyright© NEXT REHABILITATION , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。